モデルロケットは、教育用などを主な目的として使用されている、比較的小型ロケットの事です。モデルロケットの火薬は黒色火薬、コンポジット推進薬を使用する固形燃料ロケットで、エンジンはモジュール化設計で大量生産されており、小型のものは使い捨て、中型以上のものは推進薬がリローダブルとなっている。その他の構成要素はプラスチックなど主に非金属で作られることが多く、回収装置を備え複数回利用可能な設計としています。到達高度は高度数百mから数キロmのものが多いですが、大型のロケットとなれば高度数十kmに達するものもあります。記録的な打ち上げとしては、2004年5月17日にアメリカ合衆国ネバダ州ブラックロック砂漠において民間人による宇宙開発チーム(Civilian Space Exploration Team:CSXT)によって打ち上げられたGoFatロケットが打ち上げから10秒後に時速6,800kmに達し、その後、カーマンラインの高度100㎞を超える「宇宙空間」に到達後、落下し、パラシュートでの着陸後回収された(最終到達高度115.87㎞)、というものがあります。

© 2019 by SSTEC Proudly created with Wix.com

  • Twitter Clean Grey
  • Instagram
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now